担当講師に聞くTOEFL®iBTテスト対策

  1. ホーム
  2. 担当講師に聞くTOEFL(R)iBTテスト対策

交換留学、正規留学、MBA取得、大学院進学など様々な目的で必要とされるTOEFL(R) iBT。何から始めれば良いのか分からない方や、現在持っているスコアを更に伸ばしたい方に向けて、TOEFL(R) iBT対策担当の武藤先生にアドバイスを聞いてみました。

TOEIC(R)テスト対策学習法

講師紹介

武藤先生
穏やかでフレンドリーな武藤先生は、常に生徒さんの力に合わせて何事にも取り組んでくれる先生です。資格対策はもちろん、外資系の企業でのマーケティングの経験もあるのでビジネス対策でも人気の先生です。

武藤先生

講師インタビュー

―TOEFL(R)テストの勉強をはじめたいのですが、どのパートから始めればよいのでしょうか?

(武藤)まだ何もTOEFL(R)テストの対策をされたことがない方であれば、まずはリーディングから始めることをお勧めします。TOEFL(R)テストはとても専門的な内容の問題が多いので、様々なジャンルに対応できるような語彙力を備えるためにもリーディングからの勉強が始めやすいと思います。

―スコアがなかなか上がらず伸び悩んでいます。先生がオススメの勉強法はありますか?

(武藤)頭の中で言いたいことや表現したいことを英語でまとめられるように書き出して練習をしてみるのも良いと思います。もちろん、ライティングパートの練習にもなりますが、スピーキングで言いたいことがすぐに表現出来ないという方も多いと思いますので、その対策にもなります。 意外と人間は手で書いたものが頭の中にインプットされていて、とっさに口から出てきたり、なんてこともよくあるんですよね。

―先生がレッスンの中で大切にされていることはありますか?

(武藤)授業の中ではただの答え合わせにならないよう、皆さんが自分自身で答えにたどり着けるようにレッスンを組み立てています。テストを受けるときはもちろん皆さん一人ですから、普段から自分で答えを導き出せるような取り組みをアドバイスできるよう心がけています。

―TOEFLの勉強をはじめようと思っている方に一言お願いします。

(武藤)TOEFL(R) iBTは4技能の試験があって、総合的に英語力を伸ばせる試験です。もちろん英語力だけではなく、知識もかなり広がりますので人間としてレベルアップできる 試験だな、と私は考えています。日米では同じ目標の生徒さんがたくさんいらっしゃるので刺激を受けながら達成を目指せますよ。初めての方も何度かチャレンジしている方も、是非一緒に頑張りましょう!

日米英語学院渋谷校では幅広いレベルのTOEFL(R)テスト対策クラスが開講中です。
まだ受験されたことがない方も、スコアが伸び悩んでいる方もぜひお気軽にお問い合わせください。
一緒に目標達成を目指して頑張りましょう!